煙草とは違う!?電子タバコってどんなもの?


電子タバコと煙草の違いとは?

電子タバコと煙草の大きな違いを知っていますか。煙草の葉を紙で巻いたものに火をつけて煙を楽しむ紙巻き煙草、煙草の葉を加熱してニコチンを含んだエアロゾルを吸引する加熱式煙草、これらの煙草には共通して健康リスクが心配されるニコチンやタールが含まれているのが特徴です。電子タバコとは、ニコチンやタールを含まないリキッドという液体を電力で加熱して、香りを付けた水蒸気を吸引するアイテムです。リキッドには様々な種類のフレーバーがあり、煙草の煙に似た蒸気を楽しめる新たな嗜好品として注目されています。また、煙草の葉を燃やすことで発生するタールは肺がんや喘息の原因になるといわれていますが、電子タバコはタールが発生しないため、煙草とくらべて受動喫煙の危険性が低いと考えられています。

リキッドにはどんな種類があるの?

リキッドには主な原料としてプロピレングリコールと植物性グリセリンが使用され、加えて香料が含まれています。これらは食品添加物や化粧品、人工甘味料など日常生活でも多く使用されているもので、安全性が高いといわれています。リキッドの香りには多くの種類があり、自分だけのオリジナルフレーバーの調合も可能です。禁煙補助アイテムとして使用できる煙草系の香りから、さわやかなハーブやミントのメンソール系の香りもあります。メロンやストロベリーなどのフルーツ系、チョコレートやバニラなどのスイーツ系の甘い香りは女性に人気がありそうです。信頼できる専門店で自分好みの香りを選んでみるのも楽しそうですよね。

ニコチンリキッドには、色々なフレーバーがあります。また、水蒸気から香りが漂うので、吸い心地も良いです。