あなたはどっちがいい?電子タバコと通常のタバコについて


健康を考えるなら電子タバコ

電子タバコと通常のタバコの大きな違いは、健康への影響です。通常のタバコにはニコチンやタールなどの有害成分がたくさん含まれていて、副流煙にも健康被害があるとされています。このため通常のタバコは健康面が問題視されているのですが、電子タバコはニコチンやタールなどの有害成分をかなり押さえられている点が特徴です。また煙ではなく水蒸気が出るので、周囲にも健康被害を与えにくいとされています。このような点から、自分だけではなく周囲の健康にも気を使いたい人は、電子タバコが良いです。

臭いが気になる人も電子タバコがおすすめ

また、通常のタバコでネックとなるのが特有の臭いです。通常のタバコの臭いはなかなか消えにくく、嫌がる人も少なくありません。しかも洗濯をしても臭いが取れない、部屋に染み付くなどのデメリットもあり、場合によってはトラブルに発展してしまうケースもあります。もちろん電子タバコにも特有の臭いがありますが、通常のタバコと違って臭いが残りにくいという特徴があるのです。そのため、臭いによるトライアルを避けたい人は電子タバコに切り替えた方がリスクは少ないと言えます。

タバコへの満足感は通常のタバコが一番

喫煙者にとって、タバコを吸ったという満足感は重要なポイントです。電子タバコは通常のタバコと比較すると、やや物足りないと感じる人が多いと言われています。慣れてくれば電子タバコでも満足できる人はいますが、慣れずに通常のタバコに戻す人もいるようです。このため、タバコを吸った満足感を重視する人は、通常のタバコの方が合っている傾向が見受けられます。

ニコチンリキッドとは電子タバコを吸う時に使う液体のことです。紙巻タバコと比べるとタールなどの有害物質がゼロなので、安全性が高いといわれています。